アクチュアリー就活の併願先と滑り止め【転勤、転職のない年収の高い業界は?】

「アクチュアリーの併願先はどこがおすすめ?」

「滑り止めは必要?」

「本番の就活ではどこを受ければいい?」

そんな悩みを抱えるアクチュアリー就活生も多いのではないでしょうか。併願先や滑り止めを決めるのに役立つ記事です。

まずは就活軸を定める

前提としてあなたが望む就活の軸を定める必要があります。アクチュアリーを目指したいと思ったのには必ず理由があるはずなのでその塾に合わせた併願先を決定することが大事です。

アクチュアリーの一般的な就活軸

アクチュアリーのに一般的な志望理由には以下のようなものがあります。

・お金をたくさん稼ぎたい

・転勤のない生活をしたい

・転職しやすい働き方がいい

・金融業界自体に興味がある

こういった軸の中で自分がどれを重視しているのかをまず考えましょう。

自分の就活軸の定め方

自分の就活の軸を定めるにはどんな未来を望んでいるのかを明確にイメージできることが大事です。一週間のスケジュールとして例えば平日は何時に会社に行って何時まで仕事をしてどれくらい勉強をしたいのか。 どこに住んで何にお金を使いたいのか。普段どんな人と関わっていたいのか。こういった自己分析をより深めることで併願先の決定ができるようになります。

今までの経験上アクチュアリーを目指す人はこの自己分析がまだ行われていないことも多いです。高い給料を数学を使って稼げるというアクチュアリー職は大変魅力的なものですが逆に魅力的すぎるあまりに、比較対象があまりなく他の併願先を決めるのに苦労している人をよく見ます。

併願先を決めるにあたってはアクチュアリー志望の理由を考えていた時よりもより深い自己分析が必要になるのです。

就活軸ごとの併願先

では就活の軸ごとにどのような併願先があるのでしょうか。

お金が稼げる 

お金を稼げるからアクチュアリーになりたい人におすすめの併願先は以下です。

・ 投資銀行

・コンサル

激務ではありますが高い給料が望めます。

転勤がない

転勤がないのは以下のような併願先です。

・都内のみにオフィスがある会社

・フルリモートの会社

ちなみに、アクチュアリーでも一部の会社では転勤があるので注意しましょう。

転職しやすい

転職しやすいのは以下のような併願先です。

・IT業界

・アク以外の専門職

専門職のルートがアク就活生には人気です。

金融業界に興味がある

金融業界に興味があるのなら、以下のような併願先がおすすめ。

・保険会社の総合職採用

・カード会社や証券会社など

ビジネス自体への興味があれば、楽しめるでしょう。

アクチュアリー枠で滑り止めはいくつ受けるべき?

滑り止めをいくつ受けるべきか、という質問も良く受けます。ケースバイケースですが、以下のような考え方でスケジュールを組みましょう。

アクチュアリーの内定確率を出す

一般的には、10社受けたときに1-2社の内定をもらう人が多いです。なので、このくらいの内定率を仮定します。ただ、人によって大きく変動します。ほとんどの会社から内定をもらう人もいれば、全く内定を得られない人もいます。

複数の内定者からアドバイスをもらうことで、より自分の実力を深く知ることができるので、内定者から自分の面接力や就活レベルを見てもらえる機会を作りましょう。

適切な滑り止め社数

内定確率を把握できれば、逆算して、2-3社の内定を少なくとももらえるように社数を設計すれば良いわけです。ちなみに、多くの人は20社前後を受けています。

ただ、人によって大きく異なる部分なので、自分の実力をまずは正確に理解するところからです。

まとめ

アクチュアリーの併願先、滑り止めは上記のような考え方である程度絞ることができます。具体的なおすすめ併願先の社名や、現在の就活レベルと必要な社数についてはMAXITのアクチュアリー専門就活講座にて内定者から直接教わることができます。

以下のリンクから、無料体験講義を申し込んでみてください!

タイトルとURLをコピーしました