オンライン塾MAXITは、最大限あなたの目標達成をサポートするために最適な教育システムを構築しています。

MAXITが大事にしている講義の方針を説明いたします。

勉強は武器である

MAXITは、「勉強は武器である」と思っています。

世の中の「勉強」は、手段の目的化が起きていることがしばしばあります。たとえば、以下のような例です。

  • 「作りたいもの」を的確に設定せずに、プログラミングの勉強をする
  • 「〇〇大学に行くために」勉強をする

こういった例をたくさん見てきて、「武器として勉強を捉えること」の重要性を踏まえた講義を行おうと思いました。

勉強は、あなたを強くしてくれます。まだ見ぬ世界へ行くために、なくてはならないものです。

無限の可能性を開くお手伝いとして、最強の武器をあなたにお渡ししたいと思っています。

科学の力を実用へ

「武器としての勉強」を磨くために、まずは基礎を身に着ける必要があります。

最良の教材は、「先人の知恵」です。

せっかく「学習心理学」のような学問が存在しているのだから、勉強に活かさない手はありません。

個人の経験では限界がある「勉強法の探求」も、すでに「学習心理学」が答えを出してくれています。

あとは、それをあなたの学びたい分野に落とし込むだけです。

すでに落とし込まれたものは、MAXITがノウハウとして所有しています。

正しい勉強法をサポートするのは、学問の世界では、以下のものです。

  • 学習心理学
  • 認知行動科学
  • 認知心理学

そして、正しく「武器としての勉強」を使ううえで、経済学など市場の知識も必要になります。

これらをおさえてはじめて、最短距離で駆け抜けることが可能になります。学習心理学をはじめとした科学も、あなたの武器として機能するのです。

武器としての勉強を、あなたが活かせる形にして、最強の講師陣が教えます。

「勉強」と「練習」のバランス

「勉強」と言うと、机にかじりついて行うものというイメージがあります。

しかし、「武器としての勉強」は実践を重視します。なぜなら、勉強とは実践から逆算されるべきものだからです。

たとえば、数学のテストで、公式を一生懸命覚えたのに問題が解けなかったことはありませんか?

これは、「テスト問題への武器としての勉強」ができていなかったからです。

解くべき問題から逆算して、勉強を進めることが重要です。

野球がうまくなるために、まず本を10冊読む人はあまりいません。まずは、素振りから始めるはずです。

大事なのは、「実践を見据えて身体を動かすこと」です。この考え方は、あらゆる学習にも通じます。

学校ではどうしても知識中心で学問を学ぶことになりますが、「プログラミングで製品を作る」といった実践には練習が必要になります。

剣の振り方を覚えるように、

銃の扱いを習得するように、

勉強が武器である以上、大事なのは、「武器を身体の一部として使えるまで練習すること」です。

継続のサポート

勉強をするのに必要なのは、「何を勉強するべきか」という知識だけではありません。

成功者の共通点は、継続力です。

そして、継続力は後天的に身につきます。

MAXITは、認知行動科学にもとづくアプローチで、あなたが継続をするお手伝いをします。

3日坊主で勉強がストップしてしまうパターンは、どの学習分野でも起こりえます。そこで、継続するための確かなメソッドが必要になります。

実は習慣化の方法は、すでに認知行動科学の世界で確立されています。

それに沿うだけで、あなたは継続力を今から手に入れることができるのです。

まとめ

MAXITでは徹底的に、「使うため」の勉強を教えます。

あなたの人生を豊かにするために、MAXITを活用していただければ幸いです。