世の中の「勉強」には、数多くの落とし穴があります。

私と同じ失敗をする前に、この文章を読んでほしいのです。

私は、これまでの人生で、「勉強」についていくつかの後悔をしてきました。

なぜこの塾を立ち上げようと思ったのか、どんな価値を提供する塾なのか、私の過去の体験を交えて以下で説明していきます。

受験勉強の後悔

私は、1浪のすえに東大に入学しました。

東大と言うと、以下のようにいわれます。

受験に後悔なんてあるの?

たしかに、東大は偏差値が最高の大学です。しかし、私は受験に少なからず後悔を感じています。

「東大を選んだ後悔」は、以下のようなものです。

  • 将来的な給料のコスパだけ考えたら、東大を目指さずに早慶を目指してもよかった(卒業生の平均給与に対して、受験の難易度の違いが大きすぎる)
  • 大学生活を謳歌するためにも、東大は向いているとは言いにくかった(特に工学系の学部は、課外活動ができないところもしばしば)
  • 進学振り分け制度により、望む学部への進学ができないことが多い(他の大学は入学時に選択できる)。心理学を学びたくても工学しかできない、といった生徒がたくさんいる。つまり、学部まで自由に選択したいなら「上位合格できる能力」は最低限必要。さらに、運もいる。

こうした事実を承知のうえで東大に行くことを、私は否定しません。むしろ、素晴らしいと思います。

問題は、「知らなかったこと」なのです。

これは、東大受験以外でも、受験全般に言えると思います。

世間の進学塾では、「学校名」を重視して指導しています。それが、「合格実績」として塾の実績になるから、というのもその一因でしょう。

しかし、私が思うに、「学部」も同様に重要です。入る学部次第で、大学生活の余暇時間や、将来の職業の選択肢が大幅に違ってくるのです。

こうした、受験塾の動機と本人の動機のミスマッチにより、「目標から逆算されていない、短絡的な進路選択」が横行しています。

原因として、以下のものを考えています。

  • 「東大志望が多い塾」に在籍中に、東大生のリアルな話を聞く機会は少ない
  • 「受かること」がすべてになり、学部を真剣に考えている時間がない(というより、その重要性を認識できていない)
  • 入学後の時間割などを入念に調べようと思う人があまりいない

こういった情報を高校生の時点で調べるのはとてもハードルが高いものです。

また、もし「調べる」という思考に至っても、以下のような悩みに直面するでしょう。

何を調べるのが重要なのが分からない

特に入学後とのギャップが激しいことをだれも教えてくれない

インターネットが普及したとはいえ、限界があるのです。インターネット上には転がっていない情報も山ほどあります。

良い師と出会えるかどうかは、運しだい。そんな状況、ばからしい。

私は、そんな中で、大学受験、院試などの勉強を、「逆算された、合理的なもの」にするための情報源と、適切な講師が必要だと思いました。

プログラミング勉強の後悔

私は、大学3年生の時にプログラミング学習を始めました。将来的に、フリーランスのエンジニアとして稼げる人材になりたかったのです。

参考書を買いそろえ、家にこもって1日10時間猛勉強をしました。受験勉強と同じように、通学電車の中でも参考書を読み込んで、生活のすべてを勉強にぶつけました。

そんな生活を半年ほど続けて、満を持してインターンシップの面接に臨みました。そこで、面接官の一言目に衝撃を受けることになります。

実務経験は?

私は、参考書の知識が役立つと思っていました。実務経験は、ありません。

「実務経験は、ないです」

私は素直に答えました。

次に、面接官が聞いてきました。

WEB制作がしたいようだけれど、きみが勉強したHTMLはうちではいらないんだよね。Wordpressって使える?

私は、必死にHTMLを勉強してきただけに、驚きました。

「HTMLの勉強」に相当な労力を費やした先に、まったく知らない「Wordpress」という単語が出てきたのです。

後から知ったのですが、私がインターンシップをしたいと思っていた会社では、HTMLは不要だったそうです。しかも、プログラミングスキルは、入社してから教わることができるとのこと。

「今までの勉強は一体なんだったのか」

私はしばらく落ち込みました。

全身全霊をかけて挑んだマラソンで、ゴールから逆向きに走っていると気付いたのは、すでに42.195km走り切った後だった。そんな感覚です。

そして、インターンシップが始まってから驚きました。今まで本では学ばなかった知識を、たくさん教えてくれるのです。

「HP作りたいなら、サーバーの仕組みも知っておかないと」

「バックエンドもできると、仕事の幅が広がるよ」

インターネットの不正確かつ離散的な情報では、ここまで的確なアドバイスをバンバン吸収することはできませんでした。

良い師との出会いは、個人の勉強の100倍以上の効率を生み出すことがしばしばあります。

人は、一人で勉強すると、一人だけ違う方向にマラソン大会をしてしまうことがあるのです。馬鹿らしいようですが、各分野においてこれは事実です。

ビジネススキルの後悔

私は学生時代、「仕事ができる人間になりたい!」と強く思いました。そこで、ビジネス書を1000冊以上読み漁ったのです。

まず、速読法の本を読んで効率をあげる。続いて、勉強法の本を読んで、インプットのスピードを上げる。持ち前の勉強ノウハウで、一気に本の内容を吸収していきました。

しかし、それでお金が稼げるようにはなりませんでした。

当然です。当時の私は、野球のバッティングがうまくなりたくて、バットの振り方の本を1000冊読んだ高校球児と同じです。

そんな人がいたら、こう言われているでしょう。

理論ばっかじゃなくて、練習しろ!

実際にビジネスを自分ではじめて、やっと気づきました。本では学べない、現実が、自分の先生であると。

インターネット上で勉強法コンサルタントを始めました。はじめは、ほとんどお客さんが来ませんでした。そもそも、ページが見られなかったのです。

そこで、昔読んだマーケティングの本の内容を思い出して実践したところ、見事にカテゴリー一位を達成しました。

そのときに試行錯誤した経験から、過去に読んだビジネス書の内容が、「こういうことだったのか!」と腑に落ちました。「わかる」と「できる」は違うのです。

このようにして、

「実践につながらない知識は無価値である」

ことを経験から学びました。

その後で、実際に個人事業をしている人のアドバイスを受けるようになり、瞬く間に個人でも稼げるようになっていきました。

「人との出会いは1000冊のビジネス書よりも人生をかえる」

このときに、確信しました。

大学院入試勉強と就活の後悔

これらをまとめたのは、両方とも似たような後悔を味わったからです。私は、大学時代に大学院入試勉強と就活を並行して進めていました。そこで、以下の対策をしていました。

  • 市販の参考書で勉強
  • やりたい研究や仕事をできそうなところに行く

しかし、後から、以下のようなことをもっと早くしておけばよかったと思いました。

正確な情報収集

大学院にしろ会社にしろ、「本当にやりたいことをできるのか」確認すること。

大学院なら、過去の研究室卒業生が残した先行研究の状況、教授が今興味を持ってやろうとしていることによって、あなたのやりたいことができるかどうかは異なります。

3年前の卒業生に話を聞いても、今はまったく研究室の方針が変わっていて、参考にならないかもしれないのです。

会社であれば、今の経営方針によって、その中で果たせる役割は異なります。

そして、「今の状況」を知るには、複数人の関係者からダイレクトに話を聞く機会が必要です。

長期的な逆算

3年後ではなく、10年後から逆算すること。

大学院に入って、研究をしても、その後の就職では「専門を活かせる人」「専門を活かせない人」にわかれます。

そして、これらは大学院に入った時点で分かれているのです。就活にも同じことが言えます。会社に入り、部署に配属された時点で、「そこから10年後に描ける未来」は変わります。要するに、「気づいたときには遅い」状態を味わう人が、大多数です。

「後悔をなくしたい」と強く思っています。特に、進路の問題は、一生を左右します。

あなたの進路を、人生トータルの幸せから逆算して描いてほしいと思ってます。

逆算されていない勉強は無価値である

これらの経験から、私は気づきました。

「逆算されていない勉強は無価値である」

そうです。

いつだって、勉強は目的から逆算されている必要があります。

それから、私は

「目的から逆算して勉強をする」

ことに意識を集中しました。

すると、世の中の勉強法に誤りが多すぎることに気づいたのです。

資格を取って、後悔する人がいます。彼らはこう言います。

自分のやりたい職業に必要なのは別の能力だった

東大に受かって、後悔する人がいます。彼らはこう言います。

やりたいことができるのは、別の大学だった

私は、彼らが「失敗する前に」救いたいのです。

「目標から逆算された勉強」を広く知ってもらうために、勉強法の発信活動をつづけました。

勉強法の研究をし、発信をするうちに、大手の勉強法メディアでコラムを執筆したり、個人で書籍を出版するようになりました。

勉強法の講演活動を行ううちに、数々の勉強の「不合理」を目にしました。

私がプログラミング学習を中心にして培ってきたノウハウは、他の分野でも大きな価値を生んでいることを確信しました。

そこで、思いました。

「対面での相談会や講演では、全国に一気にこの真実を伝えられない」

勉強法を合理化する

そこで、YouTubeでの発信を始めました。

同時に、さらなる「勉強法の合理化」を目指して、オンライン塾MAXITを立ち上げ、個人ごとに最適な勉強法を選択できる環境を整えました。

オンライン塾MAXITでは、あなたの勉強法を目的に対して合理化させます。そのために、ノウハウや環境を惜しみなく提供いたします。

私が見てきた「勉強法の不合理」は、以下のものが特に多くみられ、インパクトが大きかったです。

  • 教われる人がいない。(ex 忙しい社会人。地方の営業職をしているが、エンジニアに転職したい。周りにエンジニアが一人もいない)
  • 十分な情報がない(ex アクチュアリーや、大学院入試。ニッチな分野なので、インターネットに情報が出回っていない。経験者とコンタクトが取れない)
  • 学ぶことに成功しても仕事がない(ex 営業をかけるのが苦手。特にエンジニアは、実務経験がないと採用してくれない企業が多数)

私はこれらの悲しい後悔を撲滅するための、「システム」が必要だと思いました。それが、弊塾です。以下では、オンライン塾MAXITの生み出す価値を説明します。

価値1 最高の講師とつなぐ

ここまで教育への思いを語ってきましたが、

私は、先生になりたいとは思っていません。

先生として教えていては、私の人生で得た経験しか教えることができず、救える生徒の数は限られるからです。

私は、

「最高の架け橋となること」

を、MAXITの生み出す第一の価値とします。

架け橋となることで、無限の数のつながりを、多様な分野で作れると思っているからです。

MAXITという塾名の由来は、「ITの力で、つながりを最大化(MAXに)すること」です。

インターネットの普及により、様々なスキルがインターネット上でシェアされるようになり、今まではなかったマッチングが生まれました。

しかし、この流れが十分に普及していない領域がいくつかあると思っています。

講師ポジションとなる人が、以下の条件を満たす領域です。

  • 忙しい
  • 発信に興味が薄い人が多い
  • 講師をできる人の人数が少ない

たとえば、大学院入試。入試が終わったら、それ以降は研究に没頭し、大学院1年生で就活。卒業したら、仕事に忙しくなります。さらに、主に理系の大学院では、インターネット上でのノウハウ発信をするよりも自身の研究に時間を使う人が多い傾向にあります。加えて、理系大学院へ進学する人の人数は少数です。

上記の理由から、インターネットの普及にも関わらず、体系的なノウハウは、せいぜい研究室の中や大学の中で共有される程度でした。

このような状態では、情報がまわってくるコミュニティに所属できない人が、ハンデを背負って入試に挑まなければいけなくなります。

同じ問題が起こっている分野はいくつかあり、それらを同じ方法で解決するのがMAXITの講座です。

どんな分野でも成長するために、まず重要なのが、「実力がある師匠」にコンタクトを取ること。

これがほぼ全てと言っても過言でない分野も、たくさんあります。古今東西の成功哲学の本にも、

「良い師を持つことが重要である」

と書いてあります。問題は、それを可能にするシステムがないことです。

通常、正しい道筋を教えてくれる人にコンタクトを取るのは難しいですが、弊塾では独自のネットワークによりそれを可能にしました。

たとえばプログラミング学習なら、現役のエンジニア。就活なら、内定者。

あなたを目的の達成まで導きます。先人の知恵を、あなたにダイレクトに送ります。

私が就活の指導をしていたとき、「アクチュアリー」(保険数理の専門職。保険会社の本社勤務で、都内勤務者が多い)にコンタクトを取れずに困っている地方の就活生に出会いました。

彼は、勉強も就活も教わる相手がいない状況で絶望していたのです。彼は非常に優秀でした。

そのときに、「地理的要因」によって人の可能性がつぶれるかもしれないことを感じました。

このような地理的な要因をはねのけるために、弊塾は完全オンラインです。

いつでも、どこにいても、最高の講師があなたのサポーターになるのです。

講師は、厳しい選考を突破した精鋭たちです。

だから、自信をもってこう思えるはずです。

この人についていけば大丈夫だ!

これだけジャストフィットする講師を紹介できるのは、私自身が専門家コミュニティの中にいたからです。(ex エンジニア、アクチュアリー就活)

そして、専門家コミュニティに年単位で在籍した結果、どんな仕組みなら講師と生徒をWinWinになるようにつなげるのか、知見を得たからです。

価値2 データベースの提供

あなたの勉強をサポートするのは、講師だけではありません。

弊塾の膨大なデータベースから、あなたの目的の達成だけにフォーカスしたオーダーメイドのカリキュラムを提案いたします。

たとえば、大学院入試の学習は、体系化されたものはあまり出回っていません。しかし、大学院生の目線で見ると、「はじめにこれをやって、その次にこれをやれば早く勉強を終えられる」という定石があります。

こういった知識は、暗黙知としてプロフェッショナルのコミュニティの中で共有されます。コミュニティ内部の人は、「常識」ととらえていますが、外の人から見ると、「喉から手が出るほど欲しい知恵」です。

こうした知識を体系化し、コミュニティの外でわかりやすく共有することは価値を持つと思いました。

オンライン塾MAXITは、特定分野において多くの専門家の知識を結集して膨大なデータベースを築いてから、講座を開講します。

膨大なデータベースは、「学習方法の体系化」を可能にしました。知識ゼロから最短距離で目標達成するための「先人の知恵に基づく体系化された手順」がここにあります。

たとえば、以下のようなものです。

  • 講師オリジナル教材(担当講師のもの以外も閲覧可能)
  • 過去問への講師オリジナル解説
  • プロの間で有名な隠れた名著(教科書や補助教材として使用)
  • 過去の成功パターンの勉強ロードマップ

一人では得られない情報を、すべてここで得ることができます。「暗黙知」「フロー情報」だったものを、「体系化された知恵」「ストック情報」にしました。

価値3 仕事のマッチング

特にプログラミングを学習した人が、ほぼ必ず以下の問題に直面します。

仕事がない!

すべての人が、営業に秀でているわけではありません。しかし、特にフリーランスの仕事獲得においては、営業力が生命線とも言えます。(私は、フリーランスとして仕事を始めるまでこの事実に気づかず、技術力だけで飯が食っていけると思っていました)

営業に自分で行かなければいけないのか、と途方に暮れてしまう人もいるでしょう。そこで、弊塾では仕事の紹介も行っています。たとえば、以下のような仕事を振ります。

  • WEBサイト制作
  • バックエンド開発
  • アプリ開発

大学院生の方には、卒業後の進路までアドバイスを行わせていただきます。

あなたが目的を達成するためのすべてが、ここにあります。

最短距離で、

最大の効率で、

あなたの目的を達成するサポートをさせてください。

塾長プロフィール

神奈川県出身。東京大学卒業。

大学時代、プログラミングの勉強を進めたものの、企業では通用せずに、「目的から逆算した勉強」の重要性を体感する。

大学在学中に個人で、オンラインプラットフォームにて「勉強法コンサルタント」活動を開始。依頼が殺到し、勉強系のカテゴリーで1位を獲得。「目的から逆算した勉強法」を指導するうち、キャリア相談の依頼を受けるようになる。

キャリアから逆算された勉強法の指導が評判となり、講演依頼が多数寄せられる。学生向けに就活対策のイベントを開催したところ、毎回満員。「目標達成の方法論」をメソッド化し、書籍出版。

さらにきめ細かな指導によって「目的から逆算した勉強」を実現するために、オンライン塾MAXITを立ち上げる。